病院の見極め方|中絶手術を受けて悩みを解消

医者

メンタル面のケア

病棟

望まない妊娠をしてしまった人は、そのまま出産をするのではなく中絶手術を受けて妊娠中絶の道を選択することも可能です。例えば性的暴力を受けた、若い時にしっかりと避妊していなくて妊娠した、経済面の理由で中絶手術をしたいという人は少なくありません。人によって妊娠中絶の理由は様々ですが、中絶手術を受けるのであればしっかりと病院を選ぶことは大切です。妊娠中絶をする場合、まずは医師によるカウンセリングや診断が行なわれるのですが、男性医師だと恥ずかしいと思う人も多いでしょう。しかし、全国各地には数多くの病院があり、その中でも女性医師が担当してくれるところもあるので安心して相談することが出来ます。また、その他にもプライバシーをしっかりと守ってくれるところを選択することも重要だといえるでしょう。

中絶手術をする場合、後ろめたさからあまり人が来ないような病院を利用する人もいますが実績の高いところを選ぶことが大切です。また、医師免許を持っているかどうかの確認も確実に行なうようにしましょう。中絶手術は簡単なものではなく、母体を傷つけることにもなります。少し間違えれば母体も危険に晒されてしまうので、病院選びはとても重要なものだといえるでしょう。最近ニュースでも取り上げられていましたが、医師免許のない人が執刀して中絶手術から数日後に亡くなったという事例もあります。ですので自宅から近い、費用が安いからといった理由で病院は選ばないように気をつけなくてはなりません。どこが良いのか迷った場合は、インターネットを活用しましょう。インターネットでは実績なども確認することが出来るので、病院探しの参考にすることが出来ます。

下を向く女の人

日帰りも可能

望まない妊娠でお悩みの方は、大阪で妊娠中絶の手術を受けられる病院を事前に探してみましょう。初期のうちは無痛の日帰り手術で中期に比べると負担は少なく済みます。出産するか決めかねている方も相談だけでもしておきましょう。

先生と看護師

手術を受けた後は

大阪では、妊娠中絶の手術を行ってくれる産婦人科がいくつかあります。手術は、妊娠22週目未満出ないと受けることができなくなるので注意しましょう。そして、実際に手術を受けた後にも、通院が必要になるケースがあります。

カウンセリング

望まない妊娠をしたら

妊娠中絶は初期と中期以降では体の負担も経済的負担もかなり変わってきます。初期であればあるほど負担は軽いです。大阪の産婦人科は妊娠中絶も行っているので安全面に配慮されたクリニックを選ぶ必要性が出てきます。